あなたは持っていますか?相手にきちんとメッセージを伝える力

くらげ

こんにちは、くらげ @KurageNonbiri です。

今日は社会人にとって
必要なスキルについてお話しするよ。

あなたが『くらげ』にならずに済む方法でもあるんだ。

コメント

そもそも伝える力とは

伝える力=相手が理解できるように話をする力

 

この力を持たずして、
社会の中を生きにくというのは至難の技です。

繊細な人でも図太く生きていくために
必要な知識なのでしっかり覚えてね。

相手の持つ知識レベルに合わせられる

伝える力を持っている人は、
物事を的確に要約して、相手に理解してもらうことに長けています。
つまり相手の知識や感覚に合わせて言葉を選ぶことができるのです。

相手が専門家であれば、専門用語を駆使して端的に伝えたり、

反対に相手がなんの知識がない人であれば、
例えを取り入れながらわかりやすく説明することができます。

難しい言葉や用語を使わずに、
的確に言い換えの言葉を選んで伝えられる人ですね。

 

話す内容を自分自身で完全に理解している

伝える力が弱い人は、
自分が、いま何について話しているのかを
理解していない人が多いです。

あたり前のことですが、自分で何を話すのか、
何が言いたいのかがまとまっていなければ伝わりません。

例えば営業職の人が勧める商品を理解できていなかったら、
その商品の良さを伝えることは不可能でしょう。

本質的な部分まで理解を深めることは、
相手に伝える前段階で必須です。

伝える力が弱いと起こってしまう問題

 

伝える力が弱いと、
人間は怒りや不信感を内側に溜めこんでしまいます。

  • 上手に伝えることができない
  • こんな言い方したら相手が怒るだろうな
  • 言い負かされそうな気がする

そんな感情が渦巻き
気持ちを素直に伝えることができません。

 

そして自分の伝える能力がないことを人のせいにして、
伝えることを諦めてしまう。

そして悲しいかな

どんどん…歪んでいってしまうのです。

相談できる相手もいないので
自分の考えの歪み方を確認することもできず

自分に甘い耳障りの良い言葉をかけてくれる
声の大きな人、影響力のある人のところにいき

  • やっぱそうだよね〜
  • おかしいよね〜
  • なんかムカムカしてきた!

 

と感化され、

そのままの勢いに乗せられ
その溜まっていたものを爆発させてしまう。

コミュニケーション能力が
乏しい人にはよくあることです。

 

  • 自分の気持ちを素直に伝える力
  • 誤解されずわかりやすく伝える力
  • 堂々と面と向かって自分の考えを言える力
  • 相談する力
  • 相談にのる力

これらちゃんとあれば
未然に防げた問題もあったかもしれません。

ではどうして
伝えることが苦手、コミュ障な人が多いんでしょう?

発達障害や身体障害などで
物理的に無理な人もいます。

  1. 吃音がある
  2. 滑舌が悪い
  3. 喋ろうとすると頭が真っ白になる
  4. 言葉が出てこない
  5. 過去に他人に話し方が変だと言われた
  6. 何いってるかわからないと言われた

などなど

 

 

それ以来、それが気になってしまい、
他の人と話ができなくなるという人は
かなり多いのではないでしょうか?

 

人は簡単に伝えること・話すことができなくなる生き物

ちょっとしたことがキッカケで
簡単に伝える能力を失ってしまいます。

皆さんも経験があるかと思いますが、

数日誰とも話さないでいると
本当に声が出しずらくなったり
言葉もスムーズに出てこなくなります。

筋肉みたいなやつです。
そう、話すという行為は

【筋肉】なのです!

ということはですよ、
鍛えればまた話せるようになるということです。

話すトレーニングをすれば良いのです。

もちろん、発声行為は筋肉を使うので、
物理的な筋トレも効果あり。

腹筋背筋もしないよりは
した方が良いに決まっています。

それと気分もあがり、
鬱々とした気分も消えていくという
おまけ付き。

 

 

そしてなにより、プロのもとで
適切な鍛え方(ボイストレーニング)をすれば

美声を手に入れることもできます。

堂々と大きな声で話せるようになります。
滑舌も良くなります。

聞き取りやすい、良い声になるんです。
恥ずかしいわ~なんていうのもなくなります。
どうでも良くなります。

でもいくら鍛えても
思うように伝えられない!

 

そういうときは
マインドに問題があります。

 

自分の話し方が変じゃないか気になります

過去に言われた言葉がフラッシュバックしちゃうよね<

自分の意見を否定されるのではないかと気になります

いきなり否定されたらショックよね

ちゃんと相手に伝わってるか気になります

意味わからんて言われちゃうからね

自分が的外れなこと言ってないか気になります

言ってる自分もよくわからなくなるしね

逆に相手の顔色を気にしすぎしまいます

は?こいつ何言ってんの?って顔が気になっちゃうんだよおおお

 

 

そういうものも喋れなくなる原因となります。

 

そう【気にしすぎてしまう】んです。

これが伝えることが苦手な人の特徴。
とにかく、気にしいなんです。

気にすんな!って言われても無理!
だって気になる!

 

気にならなくなる方法

  • いい人をやめる

これにつきます。正確にいうといい人と思われようとするのをやめるということです。

先日の記事でも書きましたが、嫌われる勇気を持とうということ。

 

  • 話し方が変でもいいじゃない
  • 上手に話せなくてもいいじゃない
  • どもっちゃってもいいじゃない

そうやって開き直ることができると
途端に心の余裕が生まれ
喋ることが難しくなくなってくるのです。

アドラー心理学的にいうなれば、

自分で【話すのが苦手な人】という姿を作り上げてしまっているのです。

 

これをまずはやめること。

それが伝える力を養う第一歩目になるのです。

最新情報をチェックしよう!